201204のエントリ

海外からも、お祝いにかけつけてくださったお客様がなんと多かったこと!

中国語やベトナム語が出来ればね・・・わたくし。

お世話になりました、式典司会。

 

富士吉原ライオンズクラブの方々が一年をかけて準備されてきたことの集大成。

ミスは決して許されない。このわたしが、自分に厳しく臨んだ一日。

こーゆーの嫌いじゃない。。。もしろ好き。。。

俄然やる気が出てきます。しかしながら司会は黒子。決して目立ってはいけませぬ。。。

 

それにしても、式典っていいですね。

これまでの自分を振り返り、気持ち新たにスタートラインをひく。

それが、「仲間」と一緒だったらなおさら感慨深いもの。

 

50年の歴史を振り返った当ライオンズクラブさんの映像を見て、感じました。

貴重な式典の司会にご指名頂けたこと、光栄です。本当にありがとうございました。

こちらは祝賀会での司会。

手つないでるみたいだけど、繋いだかなあ・・・。いや、繋いでません・・・。

  • 閲覧 (5991)

お世話になりました。

そのキャリア、年齢も様々な方々を対象に、「喋り方」をご指導させて頂くのは、

正直、はじめて・・・・。夢中で、あらゆる引き出しから厳選した知識と情熱をもって、

皆さんの前に立たせて頂きました。

こんなこと書いたら怒られちゃうかもしれませんけどね・・・・。

 

いかに、接客をたのしんでもらうか・・・・をテーマとしました。

 

あの上質なおうちは、私もとっても憧れています!

「三井ホーム」さんのモデルハウスアドバイザーさんを対象とした接客講座。

 

「人と喋ること」は簡単なようでいて、実はとても難しい・・・・。

私のラジオやテレビでの経験から得た、喋りにおいて重要なこと、伝わり、心に響き、そして、実践してくださったら幸いです。

というか、実践してください!!!!!

 

いきなり、皆さんのいらっしゃるモデルハウスにお邪魔しちゃうかも。。。。

楽しませてください!そして、楽しんじゃってください!!

 

「幸せ笑顔」は目から・・・・。あの戦術実行してくださいね(^_-)-☆

皆さん、お綺麗だわっ。
ありがとうございました。

  • 閲覧 (5567)

幸せな時間

カテゴリ : 
イベント司会
 2012-4-20 22:34

社内恋愛でゴールイン。

普段のその人を知った上で愛を育み、お互いに必要な存在だって気づくって素敵ですね。

邦彦さん、麻里さんおめでとうござました!!!末永く、世界一お幸せに(^_-)-☆

ご指名頂き、ありがとうございました。

穏やかで素敵なカップルです。

  • 閲覧 (4812)

今更で申し訳ありませんが、毎週金曜21:30〜 放送中「神谷幸恵の独立宣言」発の

県内アマチュア・ミュージシャンのオーディション、「神谷幸恵の独立宣言 ザオーディションVol.4」が、3 11 日(日)K-MIX 本社1Fspace-K で開催された。
当日は4 名の審査員、一般観覧者、出場アーティストのサポーター、そしてレコード・メーカーや音楽プロダクション、広告代理店などの関係者、合わせて約200 名が見守る中、応募者130 組から地区審査を勝ち抜き、最終オーディションに勝ち残ったソロ部門5 名、ユニット/バンド部門7 組が演奏。


 

ソロ部門 グランプリ&オーディエンス賞 ダブル受賞
川口 直久  浜松在住

4回連続出場、初のファイナル進出にしてグランプリ獲得の快挙!

時経つほど音楽への愛情を深め、同時に、技術や心も加速度的に磨かれていった川口君。心優しい彼の歌は多くの人を癒す。音楽の神様がほほ笑んだ。心から嬉しい!!

 

ユニット/バンド部門 グランプリ

peso  藤枝在住大石晴士郎率いる4人組

唯一の3回連続ファナル進出者でありながら、昨年は地震の影響で最終のステージを踏めなかったなど、様々な悔しさをエネルギーに一年間努力してきた彼ら。

ファンうれし泣き、メンバーも感情があふれる。いい番組になっちゃったよ・・・・・。

 

 

ユニット/バンド部門 オーディエンス賞
iKnows  静岡、富士、富士宮在住

貫録あるステージングは、参加者に大きな刺激を観客に強烈な印象を残した。

かなりの気合を入れて臨んだ彼らは「見てくれた方に評価されたのが一番うれしい!」

と顔をくちゃくちゃにさせた。

 

 

イベントを開催することが目的ではない。このイベントを踏み台として大きく羽ばたいていってもらうことを願っている。今後、益々力を入れてプロモーションしてきます。

彼らの素晴らしき能力、果てなき可能性を全国に世界に広めることが出来てこそ、

私のラジオマンとしての役割を果たすことが出来ると思っている。

 

  • 閲覧 (5611)

ヒデさんお誕生日

カテゴリ : 
テレビデイズ
 2012-4-20 19:09

テレビ静岡 土曜 お昼

「まめサタ」

4月7日は、メイン司会 ペナルティーのヒデさんのお誕生日でした。

番組週終了後、カートに乗せられ、ロウソクの点いたケーキが!!

条件反射に、ハッピーバースデーの歌の大合唱♪

 

やはり、サッカー名門校で鍛え上げ、吉本の中央でキャリアを積み、

名だたる一流芸人さん達とお仕事されている方は、湧き出てくるものが違います。

話を回す術や、空気の作り方、コメントの引き出し方などなど・・・・。

番組終了後に、いつも気づかされます。

(本番中は、ギアがどっかに入り、、ニュートラルな自分ではないため、そこまで気が回らない・・・・わたくし・・・・)

 

これからも、いじってください。

 

 

出演の前の晩、夢に出てくるくらいに・・・・。

もう、ほんと、ドキドキですよ・・・・。

 

  • 閲覧 (5258)

身体に激震が走った。待っていたこの感覚・・・・。

 

静岡UHUで行われた「静岡ロックンロール組合」のメンバーが集まったステージ。

静岡市民文化会館が、まだ駿府会館?とか、名称も古い時代、

70年代から80年代の静岡の若者の音楽シーン。

3年ほど前「静岡ロックンロール組合」というCDアルバムと出会い、興味を持ち、

インタビューをさせてもらった日から、このステージを待ちわびていた。

 

このCDは今から35年ほど前に発表されたレコードで、当時の静岡の音楽シーンを沸かしていた高校生、大学生が組んだバンドの音源の再発。

技術的に上手い、下手とか、そういうことではなく、

なんだか、全てを壊してやるぞ!ってな、エネルギーを放出している感じ・・・。

その当時のメンバーは、すでに亡くなっている方がいたり、行方知らずだったり、するらしいが、久しぶりに集まって唄って、演奏しているその姿は、お世辞抜きにかっこいい!!

これはぜひ、今の静岡の音楽家にも知ってもらいたい。

以下、お断りを頂いたブログを読んでほしい。

 

静岡ロックンロール組合

2009-10-23 23:01:11

http://blog.goo.ne.jp/wzty/e/f4e6f9a273a1b51da69fedfe04de0aa2

 

あるロックンローラーの死

2011-01-08 01:26:00

http://blog.goo.ne.jp/wzty/e/6f8cc3b802e5c2ca8156aa92e78b87fd

 

静岡ロックンロール組合 (シャンと近藤良美に捧ぐ) 殉職組合員追悼集会

2012-02-02 21:46:46

http://blog.goo.ne.jp/wzty/e/d2ea17ea68ca79f8a809fe7509cb7976

  • 閲覧 (5718)

JA遠州夢咲さんにて、今年入ったフレッシュマン10人を対象に講師の仕事。

「喋り方講座」ゆきえ先生張り切った!!

 

人事部長曰く

「お客様第一のこの仕事、いかに印象良く仕事を進められるか、そんな人間へとみっちり教え込んでほしい」とのこと。

確かに、揺りかごから墓場まで、と言っていいほど、人間社会にまつわる様々な業務を展開するJAさん。

大きな声であいさつ。表情。滑舌。電話応対・・・・がっつり、3時間。

容赦ない。自然にはつらつとした声が出るまで、戦闘モードを崩さない。

 

指導していて、一番印象深かったのが最後の質問。

 

「私は、お亡くなりになられた方の葬儀の依頼電話をとるのですが、

トーンを低くするよう、先輩に言われている。どうしたらいいのでしょうか?」

 

とりあえず、低く声を出すテクニックを教えたが、練習をしているうち、彼女の目は潤んできた。。。。

「相手の気持ちになって喋りましょう」

 

これを守ってくれたのだ。

 

確かに、技術的なことは大事だが、相手あっての仕事。

 

「会話もキャッチボール、気持ちもキャッチボール」

 

この教えを、自然にやっている彼女は、今後ますます伸びるに違いない。

本当に素晴らしい。嬉しかった。満塁ホームラン!!

 

大人しいといわれる最近の新人さんは、それぞれ仕事に対する真摯な姿勢や役に立ちたいという思いを一杯胸に秘めている。

今回の10人さんもしかり。。。。みんな、果てしない可能性をもっている。

 

 

 

またいつか、逞しくなったみんなに会いたいな。

ありがとうね。解らないことあったら、いつでも連絡くださいね。

 

 

 

 

 

 

  • 閲覧 (4363)

撮影の日々

カテゴリ : 
テレビデイズ
 2012-4-2 19:56

テレビの撮影は、

ディレクターさん、カメラマンさん、音声さんなどチームとなり、

その「絵」を撮る。

 

映像とはいうものの、

鳥のさえずりや川のせせらぎ、そして、髪を揺らす風、花の香り、

その瞬間、五感で感じられるすべてがそろって、はじめて生きた「絵」となる。

 

どんなに技術が発達して、きめ細やかな映像がお届けできるようになったって、

作り手が、「その瞬間を味わって」いないと、その神髄は届かない。

 

 

春うららなその瞬間、

「シルクロードミュージアム」@磐田

スタッフの皆さん。橋の向こう。

 

 

 

 

 

 

 

  • 閲覧 (3690)

「村田和人」さんのライブ@静岡a-cafe

 

山下達郎さんのプロデュースの元、82年「ムーンレコード」からデビュー。

そのギターテクニック、ボーカル力が素晴らしいのは言うまでもなく、

お話がとてもお好きなようで・・・・「曲は削っても、MCは削らない」と、真顔でおっしゃっていました。その通り、新幹線ギリギリまでの2部構成のステージ。

デビューからこれまでのSSW人生を語りまくってくださいました。

まるで、ラジオを聴いているかのよう。

 

時々、ラジオでは「トークが長い・・・。曲をかけろ!!」とのご意見を頂くことがありますが、この★村田和人生ラジオ★はそのトークが何とも心地よい。

裏話や暴露話まで飛び出て、なんだか、一緒にその人生を歩んでいるような気分に・・・。

 

夏が大好きなようで、最近では、

  1. 「ずーーっと夏。」
  2. 「ずーーっとずっと、夏」
  3. そして、「ずーーっとずっと、ずっと、夏」という作品を発表。

 

「ずーーっとずっと、ずっと、トーク!!」

ってなそのステージは、今後ますますふやしていく予定だそう。

 

専門学校などの講師の仕事を思い切って削り、ライブで全国を回るその人生、

なんともかっこいいし、うらやましい。

 

いつか、私の番組に出演してもらいたいなぁ。。。。

苦労話とか(ないと思うが・・・だって、全て楽しそうなんだもん)

静岡の音楽家の活動のヒントを与えてくれるに違いない。

 

時間内におさまりそうもないけど・・・・。

 

いい顔していらっしゃる方。歌もトークも、ほんといい顔。

  • 閲覧 (4178)

昭和43年創業以来、古紙のリサイクル一途に携わっている「開発紙業」さんの

竣工式及び竣工披露パーティーの司会を担当させて頂きました。

 

リサイクルは、限りある資源をくり返し大切に使用するために生まれた人間の知恵。

 

私の名刺も、リサイクル名刺。

近くの障がい者施設で作ってもらっている。

牛乳パックや古紙をミキサーで細かくし、和紙として仕上げたその紙に印刷。

手間暇かけられたその名刺は、温かみがあり、厚みもあり、

手に乗せると「ほわっ」とした安心感がある。それはそれは大好評!!

一度渡したら忘れられないという、私にとって大きなプラス作用も及ぼしてくれる・・・。

大好きな私の名刺。みんなの名刺。

 

話はそれましたが、この度「開発紙業」さんが、更なるエコに取り組むべく、

機密文書を回収、溶解する工場を竣工。その名も「機密くん」

「機密くん」は「シュレッダー紙を含む機密文書を、すべて自社工場で溶解し再資源化」

する、きわめてセキュリティが高く、環境に優しい新サービスです。

 

なんだか、社長の木下廣海さんはじめ、営業部長の草介さん、みんな穏やかで優しかったな。

ご指導、誠にありがとうございました。

風太君のデザイン「kimitsukun」も誇らしげだーーーいぃ!!

  • 閲覧 (3720)

K-MIX 独立宣言ブログ

ブログ カレンダー

« « 2012 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

アーカイブ

powered by 静岡STYLE