• カテゴリ イベント司会 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

イベント司会カテゴリのエントリ

結婚披露宴司会

カテゴリ : 
イベント司会
 2009-10-18 21:23
判りました!「良い結婚式だったね〜」と誰もが心から感動する式って、
何を基準に思うのか・・・。

それは「新郎謝辞の後の拍手の長さ」

...続きを読む

  • 閲覧 (3711)

サンバフェスティバル

カテゴリ : 
イベント司会
 2009-10-13 9:34
サンバフェスティバル@浜松フラワーパーク

衣装は全て手作りです。
遠く自国ブラジルから船便で運んで、夜な夜な手縫いで仕上げるんだそうです。
サンバを単なる「踊り」としてでなく、「文化」として誇りをもって接しているのが良くわかります。

小さな子も豪華な衣装、お化粧、「私、きれいでしょ!」ってな華麗な?ステップ♪
ブラジルの方の華麗なステップは、私たち日本人がお箸をもってご飯を食べるようなものか?!
ソリャー、飽きもせず、人生を通して踊り続けられますね。

ちなみに、この日も、正直いつ終わるんだろう・・・といった程踊っていらっしゃいました。締めの挨拶を入れるマイクを持っている私は、ずっとつんのめり状態(笑)
  • 閲覧 (3022)

サンストリート浜北

カテゴリ : 
イベント司会
 2009-9-23 21:48
ライブスペシャルの司会を担当させて頂きました。
今回は4組登場♪

北海道のストリートを舞台に歌っていたこの二人「ひいらぎ」
特にちあきちゃんの口の開け方が素晴らしい!
スカッと大きく開いている。

デビュー前に、K−MIXフロアで演奏してくれた時、
先輩アナウンサーが「お前もお手本にしろ!」とべた褒めしていた。

確かに、大きな口から出てくる歌声は、伸びやかで聞いていて心地よい。

  • 閲覧 (3791)

イベント司会って・・・。

カテゴリ : 
イベント司会
 2009-9-22 20:43
静岡の街中で行われた「第7回 静岡おだっくい祭」のグランドフィナーレの司会を
担当させて頂きました。
半年以上前、某クラブで講演をさせて頂いた時、実行委員の前田さんから、
じきじきにお話を頂戴しました。
司会業を生業としている方は数多く入る中、「神谷に・・・」とお声をかけてくださったことが嬉しく、また、静岡で一生喋りの仕事をしていきたいと思っている私が、
少しでも、静岡、そして、静岡を愛する方々のお役のたてることが出来れば・・との思いで、お受けさせていただきました。はい、ボランティアです・・・。

正直、これまで「静岡おだっくい祭」は見たことが無く・・・。
駿府公園の会場に着くや否や、その観客の数、踊り子の熱気に圧倒されてしまいました。
当日は、浜松で司会をした後のダブルヘッダーで、着いた時でいいから・・とのお話で
私の司会が入ることになっていたのです。

しかーーーし、私もプロの司会者!この空気に馴染み、さらに熱いものにするぞーーー!
気持ちエンジン全開に!

敬老の日にちなんだアトラクションや、感動の表彰式をなんとかスムーズに進行することが出来ました。



でもでもでも・・・・、
この「スムーズに」ってのが、のじゃ、駄目なんですね・・・・。


これまで、また今回も、私の出番の前は実行委員の方々が代わる代わる司会をされていたのですが、
「いかにそのイベントを愛しているか!自分が楽しんでいるか!」
その情熱が、言葉にのってステージを熱くし、観客をのせるのです。

最後、私と一緒に締めのコメントを担当した、普段郵便局で働いているというTさんは、
言葉はつっかえつっかえでしたが、
なんてステージと観客席を一体化させていたことか!!

「イベント司会は、ステージと観客席との気持ちのキャッチボール」

勉強させて頂きました。

と同時に、来年、またお声をかけて頂いたらどうしよう・・?
私ひっこんでいた方がいいかも・・・とも思う次第でございます。
  • 閲覧 (4458)

足柄笛まつり

カテゴリ : 
イベント司会
 2009-9-15 11:06
足柄峠にて行われた「足柄笛まつり」

最高に素晴らしいイベントでした!
司会を担当しながら、
こみ上げてくるものをこらえることに必死だった瞬間が何回か・・・。

神奈川県南足柄市と、静岡県駿東郡小山町がタッグを組んで行うイベント。
今年で38回目。
「火縄銃」「笙の演奏」「大富士公時太鼓」「琴」など、
それぞれの地区に受け継がれる伝統芸能のご披露に、
メインは「領地争奪 綱引き合戦」。
地元小学生による「プライド」をかけた綱引き。
勝利した市町には次回の笛まつりまで足柄峠を領地とすることができ、
1年間立看板が設置されるのです。

これには、大人も子どももおじいちゃんもおばあちゃんも皆一つになって、
地元の小学生を声を嗄らさんばかりに大声援。それはそれは、故郷を愛する者同士の一体感!

結果は、小山町の勝利でしたが、
勝者も敗者にも、終わった後には、目に光るものが・・・
「勝って嬉しい!負けて悔しい!」
「でもまた来年ね!」「よろしくね!」

最後に、私が差し出したマイクに発してくれた小山町長の言葉が印象的でした。

「なんだかまた勝っちゃって、悪いような〜」

これには会場大爆笑!

そしてフィナーレは、両市町入り混じっての「民謡踊り」

市長も町長も同じ輪の中でニコニコニコニコ♪


「相手を思いやる気持ち」
たったそれがあるだけで、
誰もが幸せな気持ちになれる・・・。

「また来年ぜひ、お会いしましょうーーーー!」
大声で叫んでいた私でした。

足の間から顔を覗かせてみる「逆さ富士」@足柄峠
「今日はキレイね!良いことあるよ!」って言ってくれた叔母ちゃんにまた来年会いたいな。
  • 閲覧 (3117)

K-MIX 独立宣言ブログ

ブログ カレンダー

« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

アーカイブ

powered by 静岡STYLE