• カテゴリ アマチュアミュージシャン大応援! の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

アマチュアミュージシャン大応援!カテゴリのエントリ

静岡市のライブハウス「UHU」恒例の山梨合宿。

廃校となった小学校の体育館を使ってのチャリティーライブ、裏山に造られたバンガローで宿泊。BBQや温泉、楽しかったな!

このライブハウスをよく利用する、というか、オーナー「SHINYA」さんにかわいがられている・・・というかよくコズカレテイル?!(私含め)

が集まって、前日には青葉公園でチャリティーイベントを開催。

 

 

K−MIXの私の番組でも毎週のように東北大震災のためのチャリティーライブイベントをご紹介している。

全国で相当の数の歌い手が、こういったイベントを開いていると思う。

集まったら、それこそ、自家(自己)発電出来るのではないかといった情熱、熱量であると思う。

 

「俺が一番」「私はうまくなりたい!」「ドームでコンサートいつか開催」

など、音楽家は誰もが心に熱いものを持っている・・。

 

「俺、静岡で間違いなくベーシストとして一番だから!!ねっ!神谷さん!」

酔っぱらって必ずからんでくる〇〇君はじめ、時々あしらうのが大変だけど、

だけど、大好き!!

 

いつも、「やり続けることが大事」と言っている私の方が、彼らの頑張りに負けられないと、奮起させられる。

 

いつか、みんなに

「かみや〜、最近さぼってんじゃないの?噂聞かないよ!」

って叱られたい・・・・。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?!

 

 

  • 閲覧 (3637)

3回目となるテレビ静岡深夜番組「女子魂」ナレーション。

男子禁制とばかりに、静岡ゆかりのモデルやお笑いの方、

女子ばかりで過激トークを繰り広げるドキドキ番組。

 

番組ナレーション

「セクシーボイス」担当はわたし・・・。

 

 

 OAを見て、まだまだ能力が未熟だと痛感・・・。

 

だからこそ、次の自分の成長が楽しみ、嬉しさにかわる。

 

「楽しい」→「お金になる」→「商売になる」

 

という法則が私の人生の鉄則。

 

学生時代から決めていたわけではないが、

そうなっていた。

 

それを貫こうと思う。

 

貫くには、「なでしこ」ばりの不断の努力が必要。

 

逆にいえば、

 

そんな自分でいればその鉄則は貫き通せ、

いつかわたくし的国民栄誉賞ものである。。。。。

 

 

テレビ静岡 岩崎ディレクターからも「不断の努力」を感じる。

大好き!!!

 

 

  • 閲覧 (3928)

今年で5回目を迎える「やらまいかュージックフェスティバル」

市民の市民のための市民による音楽祭。

昨年は2000人以上の音楽家が全国から集まり、

浜松の町中に「音」という彩を添えた。

 

浜松って、音楽の街って言っているけど、

楽器の街だよね・・・。なんか違うんだよな〜。

のボヤキ爆発、まさに、やってやろう!という浜松の方言

「やらまいか精神」だけで突き進んできた。

 

パンフレットに掲載する対談へと、お声かけを頂いた。

 

 

歴史を造っていくには、私を押しのけてくれる人も必要である。。。

 

 

  • 閲覧 (3957)

浜松のライブハウス「窓枠」で行っている

「高校生バンドコンテスト」

審査員を担当。

審査員は、鬼と化す・・・。

 

大きな声じゃ言えないが・・・、

 

「だいだいね〜、今の高校生って大人しいんだよ・・・・。

プロになりたい!音楽でごはん食べていきたい!って思うんだったら、

それを口に出せばいいんだよ!!

こんな不景気な日本で、夢を持てない時代だから?!

あ〜っっつ!?

自分に自信が無いだけでしょ!

甘ったれないでよ!

甘いのは、たいやきのあんこだけで十分なんだよ!

 

ライブハウスの予約をお母さんにとってもらってる?!

はっ!?

おしっこもお母さんにつきあってもらってるのかっ!て話し・・・。

 

自分の道は自分で決めろ!

 

半径1メートル以内になんでも揃えられてる時代は、

逆に、半径2メートルの環境を自分で作れる時代なんだよ!

 

そこんとこ忘れるなっ!」

 

 

 

と、言ったか、言わないか・・・・。

 

神谷審査員は、悶々とする・・・・。

ただ、カメラを向けると

日本の若者は素直でいい子たちです・・・。

 

  • 閲覧 (3846)

毎年、すみやさんが行っている歴史ある音楽イベント「Get In」

年に一度の集大成「ゲット イン スペシャル」の司会を担当。

 

すみやさんは、新たな機材を購入し、その音がいいことといったら!

プロによる照明、音響、そして、大きなステージ!

いつものライブハウスよりも豪華なその場所は、出演者にとっても更なる

ネクストステージへ繋がったに違いない。

 

ほら、みんな「高み」を狙っているでしょ!

 

 

各々が、思いっきり個性をぶつけることが出来る場所。

それが「ゲット イン スペシャル」

 

ボーカル・ギター・ベース・ドラムの各個人賞に、

「大賞」も決定!

 

尽力くださっている「すみやグッディ」さんに心より敬意を表します。

 

 

いつか、この大会で「大賞」をとったバンド達の

「ゲット イン 大賞大賞!」

なるものをやりたいなあ。

 

ねえ、静岡の音楽の歴史をみられるよ!

 

  • 閲覧 (3270)

「やらまいかミュージックフェスティバル in 浜松」

県内のみならず、遠くは青森から応募がくるまでになったアマチュアミュージシャンの祭典。

昨年は、浜松の街中20ステージ以上に、述べ1000人以上が音符と笑顔の花咲かせた。

 

5回目を迎える今年、浜松市制施行100年という節目も重なって、

もっとPRしよう!ということで、東京は墨田で告知イベントを開催。

司会に声をかけていただいた。

もちろん、スタッフみんなボランティア。

私も、立ち上げ当初は、みんなのパンを買い込んで、仕事帰りに話し合いをしたものだ・・・。

今は、こんな時しか顔を出せないのだが、まさにこれこそ、「面目ない」・・・。

 

当日は、台風直撃。

ステージは途中急きょお引越し。

目の前のお客さんのブーイングもかきけされる程の雨でした。

 

でも、錦糸町のステージから、雲の合間、時折見えたのは、

あの「スカイツリー」のてっぺん!!

雨があがったら、日本一のイベントになってるよ!

 

そんな予感さえ、

    音符にのって空高く!!!

 

 

みな様お疲れ様でした。

楽しかったね!

 

 

大好きなおじさんに囲まれ・・・・・。

 

 

イケイケなお姉さんに囲まれて・・・・。

 

  • 閲覧 (2752)

県内のボーカリストが集結。その数40組。

緊張感に支配されたステージでその腕前、いや、喉前を披露。

わたくし、「凝視」。審査員を担当。

 

「将来、歌手になりたいですっ!」を目をキラキラさせながら話す少女もいれば、

「まあ、趣味の範囲で〜」とつっぱる高校生もいる・・・・。

ランクをつけるこっちとしては難しい。なんてったって、各々目的が違うんだから・・・・・。

 

ただ、「真剣度合」は手に取るように判る。

 

なんとしてでも「賞」をとりたい!

お客さんひとり残らず惹きつけたい!

こんな意気込みでやっている子は、心にぐっとくるから印象に残るし、点数も良い。

ノビシロに期待出来るからだ。「期待度」は大きい。

 

 

審査するこっちも真剣。集中力を持続させるから疲れて当然。

生気吸い取られた〜という審査員の仕事を・・・・したいものだ・・・・。

 

あの「小室徹哉」だって、朝起きてすぐピアノにむかったそう。

 

 

な〜んか、生ぬるい・・・・。

 

  • 閲覧 (2605)

静岡県内でもいたるところで、東日本大震災の復興のための

チャリティーライブイベントが開催されています。

出来ること・・私は、歌も歌えないし曲もかけない、、、

でも、電波でガンガンに告知することならできるよ!

ってことで、番組で毎週のようにご紹介させてもらっています。

 

こちらは、かなり前ですが、震災直後に沼津の商店街で20組以上の

アーティストが集まり、開催。

飛び入りでおじさんがアカペラでビートルズを歌ってくれたり、

義捐金もかなりの額が集まった。

 

「音楽の力を信じる」というちょっと歯が浮いちゃうような言葉よりも、

そこには確実に「音楽を介した暖かい絆」が広がっていた。

 

これは続けて行っている。

ずっと・・・。

音楽は何よりも、ピュアなものかもしれない・・・。

 

 

ずっと続いていく・・。

そもそも、

街角で、音が飛び交い、会話が飛び交い・・・。

これは、その昔、レコーディング技術が発明される前の音楽の聴き方。

本来の音楽の姿かもしれない・・・。

 

 

 

  • 閲覧 (2717)

静岡の若手バンドを集めたオムニバスアルバム

「SAMURAI TROOPERS」発売中!

タワレコなどで売れてます!!

あの沼津の伝説のバンド・・・ってまた5月あたりに新作だすよ^^!

「GOOFY’S HOLIDAY」の遠藤兄貴がプロデュース。

 

★地元のアーティストの曲を地元の人に聴いてもらいたい★

★地元のアーティストのライブを地元の人に見てもらいたい★

 

そうだよ「音楽の地産池消」次の世代が目を輝かせて聞く、見る、

そして、ギターにドラムに本気になる。静岡の音楽レベルが上がってく!

 

歴史を創っていくのは、まちがいなく現場の私達だ!!!!

 

遠藤兄貴もやります!チャリティーイベント

以下、エンディーのブログから

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/21月曜祝日、沼津仲見世商店街の協力の元、地元のミュージシャン有志で完全アコースティックライブをやります!
アンプもスピーカーも使わない完全「生」で、東日本に向けての義援金を集めます!
ライブハウスに関わってるミュージシャン、お客さん、スタッフ全員で呼びかけて、より多くの寄付を集められたらと思います!
もちろん、パーカッションを持ちこんで参加、アコギを借りて飛び入り、ラジカセを持って来てラップ、手品だって大道芸だって大歓迎!
「何か出来ない?」って手伝いに来てくれるだけの人ももちろん歓迎!
プレイヤーもお客さんも関係なく、我らはひとつ!
音楽を通じて知り合った仲間で出来る事、全力でやりましょう!

2011/3/21@沼津仲見世商店街
11:00 START

参加予定アーティスト
ANTI NICE
Canary
Daisuke
GOOFY'S HOLIDAY
Jessika
THE PANIC DOLLS
misunderstand
ノグチサトシ
Ostwald(New!)
SCREW WALKER
THE TRUST BLAST(New!)
UPPER GROUND
Y.A.S(New!)

and more
*出演者、まだまだ調整中!
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

@K−MIXスタジオ

兄貴!今からおしりが浮くぜ〜〜〜!!

 

  • 閲覧 (7109)
「カウチポテト」という名前で音楽活動。カツマタ君。御殿場出身。
スタジオでインタビューをさせてもらうのは2回目。
これまでの音楽活動、いや、自分の人生について、いつもの柔らかい口調ながら、溢れんばかりに語ってくれた。

初めて会ったのは、彼が大学生の時。
以来CDを作成するたびに丁寧な手紙と共に送ってくれ、ライブにも時間が許す限り駆けつけた。
今はすっかりスーツ姿。

インタビュー終了後、再度渡してくれたCDには、




「神谷さんを聴いて僕は育った」


泣かせるじゃないか〜。

また私の宝物が増えた。


いつか、静岡を歌った曲ばかりを集めたコンプレーションCDを作りたいと思っている。

心からの思いは、深く深く聴くものの心に響き、刻まれる。

ヒットチャートには上らないと思うけど、何よりも誇れる一枚になる。

イコール私の歴史の一枚にもなるであろう。

来年も、静岡の音楽家がんばれ!
どこまでも、誰よりも、応援する!!

皆の姿に私が一番応援されているからね。
  • 閲覧 (3041)

K-MIX 独立宣言ブログ

ブログ カレンダー

« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

powered by 静岡STYLE