まさかのレコーディング!

まさかのレコーディング!

カテゴリ : 
日々
 2014-4-9 19:56

ナレーションなどでお世話になっている制作ディレクターから、久しぶりの電話。

 

『神谷さーーん、歌うたいません?
実は〜あほキャラの歌声を探してて〜、か〜みやさん思い浮かんだんですよね〜』

 

「・・・・あほキャラ、、な る ほ ど〜ぉぉおおぉお〜ぉ」

 

ということで、歌わせて頂きました。

 

曲は事前に送って頂き、花見をしながら携帯でなんとな〜くメロディーを身体に入れて、

いざ、スタジオへ。

 

いちよ、作曲者から、歌詞に綴られている言葉のニュアンスだけご指示をi頂き、

 

『さっ、いってみる〜ぅ!神谷さんの一人カラオケ状態で

思いっきりやっちゃって〜!

 

で、とりあえず思い切ってスイッチ入れて、身体が勝手に振り付けしちゃうぐらい歌って、

 

 

 

『い〜〜ぃいぃ!思ったより最高!!』

 

「あの〜歌唱力とか全くないと思うんですけど・・・・。」

 

『歌唱力とか、要らない!下手うまがいいの!や〜いいね〜!!』

 

 

本当にいいのでしょうか?

よくある、業界人の「ノリ」に騙されているのでは・・・なんて、疑心暗鬼になりながらも、

 

「言葉が伝わってくるんだよ!流石だね〜」

 

と言われたことは、踊らされているかもしれませんが、嬉しかったです。

 

 

だって、だって、私は、ラジオパーソナリティーとして育ってきて、

「伝える」事を、「感じてもらう」ことを、モットーにマイクを握ってきたから。

 

「綺麗に喋る」とか、「上手に喋る」とか、全く目指してなくて、

そんな言葉で褒められたとしても嬉しくなくて、

何か、この人の喋りっていいよね。。。って言われながら人生を閉じる事が目標で。。。

 

だから、これまであらゆる企業のCMソングや有名曲を生み出してきた音楽家に、

そんな感想を言って頂いたことが、少し、自信につながった。

 

 

『さっ、あとは、どこで使われるかだっ!!』

 

って、使われないのか−−−−−いっ!!

 

  • 閲覧 (4336)

K-MIX 独立宣言ブログ

ブログ カレンダー

« « 2018 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

アーカイブ

powered by 静岡STYLE