• カテゴリ えほん読み聞かせ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

「やさしいライオン」の本当の色

「やさしいライオン」の本当の色

カテゴリ : 
えほん読み聞かせ
 2013-9-14 0:06

・・・・・見終わった後、どうしても食べたくなって、購入。
あんぱん(笑)


ふと思った。

今は当たり前のように何時でも何処でも買えるけれど、

アンパンマンが誕生するきっかけとなったその時代から思うと、

奇跡みたいな事なんだろう。。。。



そして、アンパンマンが誕生するきっかけとなった本が

「やさしいライオン」

私の好きな本ベスト3に入る一冊。

ハードカバーや1m 近くの大型本など複数の形で持っているけれど、

その形態によって微妙に色が違う。


だから、今回の目的は

「やさしいライオン」の本当の色を見る事。



原画が並べられているその壁に近づくと、胸が高鳴った。

それは、

とても

「ソフトな色」をしていた。

柔軟剤が効いているような、ふわっとした、安心感のある色。
柳瀬 嵩の体温が伝わってくるような。



職業柄か、作品の裏にはその作者の生き様が表れると感じ、
探してしまうけれど、

今回の作品展で、「やさしいライオン」の生まれた背景を感じた。


ブ ル ブ ル   ム ク ム ク        は な れ る




やなせたかし、今93歳。

「やさしいライオン」今、44歳。

アンパンマンを世に誕生させたのが、やなせたかし55歳の時。

テレビ放映が始まったのが、69歳の時。



そう、「やさしいライオン」は、時代が変わっても、愛され続けていく。

ピカノの絵や、モーツアルトの曲のように。



そして、

その背景にあるのが、

「戦争から学んだ本当の正義」

であることを、

一人の作者を通して気づく事は、
時代が遠ざかってもそうであるのか。

  • 閲覧 (4060)

K-MIX 独立宣言ブログ

ブログ カレンダー

« « 2018 12月 » »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

アーカイブ

powered by 静岡STYLE